閉じる

健康経営

 

「健康経営(※1)」とは、社員の健康を重要な経営資源と捉え、積極的に社員の健康増進に取り組む企業経営スタイルです。
「健康経営」に取り組むメリットとしては、生産性の向上、リクルート効果、企業イメージアップなどがあります。
現在、「健康経営優良法人認定制度(※2)」など、社会的に評価が受けられる制度もあり、社員の健康に取り組む企業が増えています。
上記制度の認定を受けるには、「健康宣言」を行い、企業全体で健康づくりに取り組む必要があります。
トヨタ車体健康保険組合の加入事業所も「健康宣言」を行い、「健康経営」に取り組んでいます。

  • ※1「健康経営」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

「健康宣言」提出事業所(提出順)

けんぽれんあいちHP 『健康宣言』をしましょう!

 

 

健康経営優良法人認定制度(※2)

健康経営優良法人認定制度とは、経済産業省・日本健康会議が特に優良な「健康経営」を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。
健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができます。
認定制度では、規模の大きい企業等を対象とした「大規模法人部門」と、中小規模の企業等を対象とした「中小規模法人部門」の2つの部門により、それぞれ「健康経営優良法人」を認定されます。

「健康経営優良法人」認定加入事業所

〔大規模法人部門〕

  • トヨタ車体株式会社(2019年)

経済産業省HP 健康経営優良法人認定制度

 

PAGETOP